お盆のはなし2 精霊馬(飾りの牛と馬)について

お盆の時期に皆様のご家庭ではナスの牛、キュウリの馬は飾られますでしょうか?
これは精霊馬(しょうりょううま)といいます。

ご先祖の霊が乗る乗り物です。

一般的には
ご先祖様を早く迎えるために迎え盆には馬に乗っていただき、かえりはゆっくり帰っていただくために牛に乗っていただくと考えられています。

逆に、
ご先祖様を丁寧にお迎えするため、迎え盆には牛にのっていただき、帰りは急いで帰っていただくために馬に乗っていただくと考える地域もあります。

精霊馬はお迎えの時には仏壇に向け、お送りするときは仏壇の外側に向かって飾るというのが一般的です。

作り方はとても簡単です。
ナスとキュウリに半分にカットした割りばしを4本ずつ刺すだけです。
少し曲がったナスとキュウリを使うといい感じになります。
バランスよく立てば完成です。

地域や宗派によっても飾る方法に違いがありますので、ご不明な点はご家族、地域に確かめていただいたほうが良いかもしれません。